最近の基幹システム

緑色の基板

オールフラッシュストレージの導入が増えています

最近、企業が基幹システムの導入などに際し、オールフラッシュストレージを利用することが増えています。従来はテープ式のドライブやハードディスクを記憶媒体として導入するケースが多かったですが、現在では半数ほどの割合でオールフラッシュストレージが選ばれています。国産、海外のメーカーを問わず、サーバーに接続し使用する記憶媒体としてオールフラッシュストレージを選択することができます。価格面についてですが、従来のハードディスクが搭載されたストレージに比べ、若干高いレベルとなっています。しかし、オールフラッシュストレージにはハードディスクのストレージに比べ様々なメリットがあるので、選択されるケースが増えています。

様々なメリットがあります

オールフラッシュストレージの導入には様々なメリットがあります。大きなメリットは、記憶媒体への書き込み速度が早いことです。従来のハードディスクは、書き込みの際にハードディスク内のヘッドを動かしたり、ドライブを回転させる物理的な時間が必要でした。オールフラッシュストレージでは信号変化で書き込みを行うもので、物理的な時間は必要なく書き込みを行えます。また、ランダムアクセスが可能になり、複数の記憶媒体に同時に書き込むことができます。これにより、書き込み速度が格段に上昇しています。他のメリットとして省電力が上げられます。データの書き込み時や読み込み時に大きな電力を必要としないため、環境負荷への配慮となります。